患者さんが元気になり、退院していく時にありがとうと言ってもらえる

良かったことは、患者さんが元気になり、退院していく時にありがとうと言ってもらえるのは嬉しいです。回復の過程で、なかなか思うような治療経過が辿れず、苦しい時もあった時などは余計に嬉しく感じます。
外科病棟での経験が長かったので、術後初めて歩いた時、初めてご飯を食べた時、初めて家族に会った時など、感動する場面に遭遇することは多かったと思います。
その分、残業も多かったり、業務がスムーズにいかないことも多々ありましたが、そういう時には同じ看護観を持った先輩や後輩と一緒になって乗り切ってきました。医療はチームワークと言われますが、そこまで意識をしていたわけではなかったですが、退院の時にスタッフみんなでお見送りする時など、みんなで頑張って良かったなあと思うことがありました。

看護師の仕事をしていてよかったことは、内科・外科と両方経験させて頂いたのですが、私に合っているのは内科系でした。慢性期の方で点滴や内服治療の方が主でしたが、外科と違ってゆったりとした時間が流れて一人一人の患者さんと話がたくさんできたことがよかったです。もちろん私より年配の方が多かったのですが、いろいろな人生経験を聞かせて頂くことがたくさんありました。また、高齢者の方が多く認知症の方も多かったので、日々楽しく働かせていただきました。職場環境も良かったので10年以上長く務めさせていただくことができました。現在は、子育てのこともあり病院勤務→施設勤務になりましたが、対象者は高齢者に変わりはありません。悪かったことといえば、シフトがきつくて夜勤が7~8回/月あったことがしんどかったです。夜勤明けの次の日が休みではなく、普通に勤務していたのがきつかったです。

さまざまな人との出会いがあり、患者さんから学ばせていただくこともたくさんあります。自分の行ったケアにありがとうと言ってもらえたり、必要としてもらえることにやりがいを感じます。また、忙しくはありますが女性でも男性に負けないくらいの収入があり安定しているのも魅力の一つです。
愚痴になると医者は変わり者が多いため、コミュニケーションがうまく取れない人もいて仕事がしづらく感じる、看護師常に新しいことを勉強し学ばなければならないのがつらい、という感じです。
しかし、向上心を持って努力すれば確実にステップアップできるので、これから頑張っていこうと思っています。
あとは確実にどこの職場でもいますが、ベテラン看護師のクセものが必ず1人はいます。看護師は比較的厳しい先輩方が多いのが困るところです。

リクナビ薬剤師 手数料

投稿日: